うみしん概要

  • 道南うみ街信用金庫 概要
  • ごあいさつ
  • 合併について

当金庫の概要(平成30年3月31日現在)

名称 道南うみ街信用金庫
所在地 桧山郡江差町字本町132番地
創立 大正13年2月25日
預金 2,747億4千1百万円
貸出金 1,214億3千3百万円
出資金 34億2千2百万円
店舗数 21店舗
会員数 18,518人
常勤役職員数 280人

経営理念

三方よし(お客様よし、地域よし、金庫よし)の理念の下、
信用金庫の独自性・特性を活かし、
地域社会に必要とされ続ける金融機関を目指す

経営方針

  • 一.質の高い金融サービスの提供に努め、多くのお客様と地域社会の繁栄に貢献します
  • 一.健全経営に徹し、信頼・信用される金庫の維持と事業の発展に努力します
  • 一.職員の融和と資質向上を図り、やりがいのある職場を創ります

中期経営計画(平成30年~32年度)【Progress】

平成30年度より、新たに『「三方よしの理念」のもと、地域・お客さまが必要とする金融サービスを「誠意をもって誠実」に提供し、「地域」のホームドクターとして「地域」から必要とされる金融機関であり続けることにより永続性を確立する』ことを目指すべき姿とした新中期経営計画【Progress】を策定いたしました。

以下に示す戦略に基づき、役職員一同、全力で取り組んでまいります。

  • 【戦略1】支援力・営業力の深化
    • 金融仲介機能の発揮
    • お客さまとの長期的信頼関係の構築
    • 会員組織の有効活用
    • 業界ネットワークの活用
    • 地道なCSR(社会貢献活動)の展開
    • 地域活性化に向けたプラットフォーム機能の発揮
  • 【戦略2】経営力・内部態勢の深化
    • 収益性の向上
    • 生産性・効率性の向上
    • 健全性の確保
    • 透明性の向上
    • 法令等遵守態勢・顧客保護等管理態勢のさらなる強化推進
    • リスク管理態勢の強化推進
    • 業務継続態勢の強化推進
  • 【戦略3】支援力・営業力の深化
    • 人材の確保
    • 人材の育成
    • 働き方改革
  • 【戦略4】独自性の発揮
    • 「おもてなし」態勢の強化
    • 店舗回り美化へ促進
    • 年金レディース活動の業務範囲充実

金融機関コード

金融機関コード 1014

支店コード

店番 店舗名
001 本 店
002 上ノ国支店
003 熊石支店
004 乙部支店
005 厚沢部支店
006 福島支店
007 奥尻支店
009 函館支店
010 松前支店
011 七重浜支店
021 函館中央営業部
023 ばんだい支店
027 亀田支店
028 湯川支店
029 北斗支店
030 七飯支店
031 えさん支店
032 木古内支店
034 中道支店
035 知内支店

※平成30年8月27日:五稜郭支店は函館支店に統合となりました。

自己資本比率

項目 平成29年3月末 平成30年3月末
コア資本基礎項目(A) 18,997 16,163
コア資本調整項目(B) 146 144
自己資本総額[A-B](C) 18,851 16,019
リスク・アセット等(D) 101,785 105,515
単体自己資本比率(C)/(D)x 100 18.52 15.18

(単位:百万円・%)

営業地域

ページトップへ